☆2018年今一番稼げるアダルトアフィリエイトの
方法がこちらです↓

[豪華特典付き!]究極のアダルトアフィリエイト法


さて、すっかり久しぶりの記事更新となってしまいましたが、
先週は火曜日くらいから3日間、39.5度以上の高熱出してまして・・・

結局医者に行ってませんが、多分インフルエンザでしょうねw

ということで、先週は思い切って1週間丸々休んでみましたw

そこでちょうど試してみたかったので、
アダルトアフィリエイトで稼ぐ方法AMC
の検証サイトを放置してみました。

というのも、以前から頑張ってなるべく毎日更新してたんですが、
「アンテナサイト」に登録すると、早いうちからアクセスをたくさん
集められると同時に、

そちらだけに頼る形になるので、毎日更新しないと
アクセスが減っていくというデメリットもあります。

「アンテナサイト」内で上位サイトとして、「サイトランク」
などが上がって、上位150位以上とかになってくると、

過去記事の表示順位の操作やおすすめサイトとして表示されるなどの
優遇が受けられるんですが、

今のところ僕のサイトがやっと、200~170位あたりをうろついていた時点で、
まあ、もう少しでサイトランクが上がって、優遇対象直前だったので、
残念と言えば残念ですが・・・。

基本的に熱には強くて、39度超えでも歩き回れるほど元気でしたが、
仕事までする気にはなれずw

こればかりは仕方ないので、放置してみましたが結果、

160301akusesu

最高時、ユニーク7054まで行きましたが、そこから順調に減って、

日曜日には3454と半分以下まで落ちました。

サイトランクも、最高位173位から210位まで落ちました。

確かに「アンテナサイト」は早いうちからアクセスを
集めやすい半面、手を抜くとアクセスの減りも早いですね。

これが「検索」メインでアクセスを集めていれば、こんなに一気に
減ることもないんでしょうけど。

あと、「アンテナサイト」に登録すると、
サイトのレイアウトとか、広告なんかに関して、

ある程度制限がかかるというか、
広告が多かったりすると、「サイトの評価」に響いて、
表示遅延とかの措置を取られるので、

その辺も「縛られてる感」があって、面倒くさいところでもあります。

また、どうしてもアンテナサイトの傾向に合わせて記事(動画)を
選定する必要も出てくるので、ごちゃまぜ感もあったりして、

検索からのアクセスが増えにくい感じもします。

まあ、その辺はジャンル特化すれば変わってくる
とも思いますが。

☆「アンテナサイト」のメリット・デメリットまとめ

ということで、

僕が実際にアダルトアフィエイトで「アンテナサイト」を
利用してみて感じた

メリット、デメリットについてまとめてみると、

◎メリット

・早いうちから爆発的なアクセスを集められる
・SEO対策などがあまり必要ない
・文章を考えなくても良い
・集客が必要ないので、記事更新に集中できる

◎デメリット

・毎日更新してないとアクセスが安定しない(激減することも)
・自分のサイトオンリーの常連さんがつきにくい
・サイトのレイアウト(広告など)が制限される
・検索からのアクセスが増えにくい

という感じでしょうか。

なので、個人的には今後、この検証ブログで、
「優遇」を受けられる上位サイトに食い込んでみて、

どれくらいアクセスが爆発するのかということと、

ジャンル特化型で、「アンテナサイト」に頼らない
動画サイトを実験してみたいと思います。

「アダルトアフィリエイトで稼ぐ方法AMC」のレビューはこちら⇒

■このサイトでは僕が実際に買って、試して、
結果が出せた教材を掲載し、
ネットビジネスで確実に稼いでいける方法を解説しています。


⇒トモヒト一押し教材一覧はこちら

⇒本当は教えるのが恐ろしい「本当の」情報はこちら

☆今最も初心者でも稼ぎやすい
アダルトアフィリエイト教材がこちら⇒



☆[メルマガ] トモヒトのネットビジネスの道順!

ネットビジネス初心者から、もっと稼ぎたい!と言う人まで、
ネットビジネスでどうやって稼いで行けるかを公開しています!

トモヒトのメルマガへの登録はコチラから出来ます!

僕がアフィリエイト初心者の方に
アダルトアフィリエイトをお勧めする理由はこちら↓
⇒[特別講座]アダルトアフィリエイトで
  確実に月5万円以上を稼ぐ方法



☆ネットビジネス何から始めたらいいの?

→ネットビジネスの道順1「コピーライティングの重要性」
→ネットビジネスの道順2「トレンドアフィリエイト」


☆お気軽にお問い合わせください!

ネットビジネス(特にアフィリエイト関連)で
聞きたいことがあれば、お気軽にメールで質問してください。

できるだけお答えします!↓

トモヒトに対するお問い合わせ、質問などはコチラ