「ストーリーブランド戦略」レビュー 評判 ダイレクト出版 ドナルド・ミラー


☆「ストーリブランド戦略」を必ず手に入れるべき人とは?

この本を必ず手に入れるべき人は・・・

◎会社を経営していて、ホームページを作りたい人

◎会社のホームページの反応を上げたい人

◎「お問い合わせ」がなかなか来ない

◎アフィリエイトでもっと稼ぎたい人

◎効果的なキラーページ・レビュー記事を書きたい人

◎効果的なランディングページが書きたい人

◎これから大ヒットする本を出版したい人

◎自分の商品、サービスをもっと効果的にアピールしたい人

 

・・・とにかくすべての人に読んでもらいたいと思えるほど

面白いし、必ず役に立つ本です!

 

☆「ストーリブランド戦略」をなぜ僕はお勧めするのか?

さて、以前からこのブログでは、

「ダイレクト出版」の本をご紹介したり、会社のことを

ご紹介していますが、

その中でも、トップクラスにお勧めしたいのが、

 

今回ご紹介する「ストーリーブランド戦略」です。

 

あなたは今会社を経営している、もしくはネットビジネス(アフィリエイト)

などを実践していて、

 

「今すでに稼げているけど、もっとたくさん稼ぎたい!」

もしくは、

「これから効果的に稼いで行きたい!」

 

と思っていて、ではこの「ストーリーブランド戦略」は役に立つのか?

 

ということが気になって、このページにたどり着いたんじゃないですか?

 

稼げているけど、その金額に満足していない、

または、やりがいを感じられていない、

もっと何かいい方法があるはずだ

なぜか良い記事を書いているのに、反応が悪い

 

などの悩みを持っているなら、

この本が必ずあなたの役に立つはずです。

 

僕は今まで、結構数多くの「ダイレクト出版」の本を

読んできましたが、その中で、間違いなくトップ3に入るくらい、

この本はおすすめです。

 

なぜなら、この本が1冊あれば、

 

1、あなたのサイトがもっと魅力的になり

2、興味を持つ訪問者が増え、

3、あなたの商品やサービスの魅力が伝わりやすくなり

4、自動的に売り上げが上がっていくからです。

 

これは、会社の経営でも、個人でのアフィリエイトなどでも、

履歴書の書き方、小説の書き方まで、

 

この1冊で、「効果的なコツ」がつかめて、

その「基本原則」にしたがって、書いていくだけで、

 

あなた(商品・会社)に興味を持つ人が増えていきます。

と断言できるくらいの内容です。

 

なぜなら、僕が実際にこの本に一気に引き込まれて、

すぐに奥さんにもおすすめしたし、メルマガ読者さんにも

すぐにメールを送ったほどです。

 

さらに、この本の内容を知ってしまえば、これから、

ブログなどでも、「どんな記事を書けばいいのか?」

と悩む必要が無くなります。

 

なぜなら、魅力的な「ストーリー」を生み出す「基本原則」を

くわしく学ぶことができるので、どんな「ネタ」でも、

「ストーリー」に生まれかわらせることができます。

 

僕も実際にこの本で学んだことを取り入れただけで、

メルマガのクリック率などの反応が以前よりも上がってきました。

 

↓クリックして、早速その詳しい内容を確認する!


「ストーリー・ブランド・フレームワーク」とは?

 

☆「ストーリブランド戦略」概要

さてここで、この本の概要ですが、

著者:ドナルド・ミラー

ページ数:248ページ

発行:ダイレクト出版

 

この本は、著者である「ドナルド・ミラー」さんが提唱し、

毎年3000社以上が導入し、成功に導いてきた、

「ストーリー・ブランド・フレームワーク」の理論を説明

している本で、

 

映画でも、マーケティングでも、ブログでも、基本は同じで、

「人が興味を持つ」のは、「ストーリー」を語った時で、

 

それも、「自分や自分の会社のストーリー」ではなく、

お客さん(訪問者)のストーリーを語る」ということ。

 

それによって、訪問者は「雑音」に惑わされることなく、

あなたの「商品・サービス・記事」などに興味を抱き始める。

 

その最も効率的な構築法を解説していて、

その「ブランドスクリプト」通りに書いていくだけで、

 

あなたやあなたのサービスの、

「簡潔で、消費者の興味を引く、

何度も繰り返せるメッセージを発信できるようになる」

 

今成功している企業、例えば「アップル」なども、

この原則に基づいて大成功を収めている。

 

あのスティーブ・ジョブズも、最初から大成功を収めたわけではなく、

 

最初に発表したパソコンは、「わかりにくく」失敗をしてしまい、

 

ジョブズは追い出される形となってしまう。

 

しかしその後、アニメ制作会社の起ち上げに関わり、

その中で、「ストーリー」の大切さ、そして作り上げ方を学び、

 

「シンプルで繰り返し伝えられる、魅力的なメッセージ」

 

当時は「Think Different」という言葉によって、

 

消費者たちにその商品を使うメリット、自分がどう変わるのかを想像させ、一気に成功の階段を上り始めた。

 

この本では、その「ストーリー」の効果的な構築の仕方、

 

訪問者、消費者さんに、商品を魅力的だと感じさせる

「7つの要素」をポイントを押さえて解説してくれています。

 

この本を読むことで、あなたは

自分の商品、会社、ウェブサイト、アフィリエイトなどで

もっとも効率的なアピールの仕方を知ることができます。

 

☆「ストーリーブランド戦略」レビュー

さて、先ほども書いたように、この本は、

僕が今までに読んだ「ダイレクト出版」の本の中でも、

トップ3に入るし、

今まで読んだすべてのビジネス系の本の中でもトップ5に入る

といってもいいと思います。

 

単純に面白いし、やはり「ストーリー」作りの

原則に沿って書かれているので、読みやすく、

どんどん期待感が膨らみ、一気に読んでしまえる。

 

普通、こういうビジネス系の本は、余程必要性が無いことでもない限り、

こんなに一気に読むということは少ない。

 

それでもこんなに一気に読んでしまえるのは、

やはり、「ストーリー」の構成力と、誰にでもわかりやすい

言葉遣い、必要最小限に絞り込まれているところじゃないかと思います。

 

本の中にも書いているけど、

「多くの企業(個人)は、ホームページなどで、余計なことを書きすぎている」

 

そのために、訪問者は、その会社が一体何を提供していくれるのかが分からずに、

ほかの会社のホームページを探し始める。

 

これでは、安くもないお金を払って自分のサイトを作った

意味がないというものですよね?

 

そして、消費者は

「最高の商品ではなくて、一番わかりやすい商品を買う」

 

ということですね。

 

確かに自分がいくつかの商品を比べて検討しているときに、

やはり選ぶのは、

・今まで買ったことのある会社の商品

・メリットデメリットが分かりやすい商品

・口コミが多い商品

・それを使うことでどんな問題が解決るかわかる

・それを使うことで、そんな状態になれるのか想像しやすい

 

などで、

全て、その商品が持つ「作った人の思い」みたいなものが

伝わりやすい商品を選んできたと思います。

 

その原則に従って、この本が教えてくれる「ひな形」に

添って、書いていくだけで、

 

あなた(商品)自身の売り、思い、情熱などが伝わって、

消費者さんに興味を持ってもらえる。

 

また、さらにその具体的な導入方法や、具体的なメルマガ読者の

獲得方法など、

 

会社経営はもちろん、ネットビジネスで大きな結果を獲得するのに、

この本1冊で、やり方を学べると言っても過言ではないと思います。

 

◎ネット上でアピールしないと「消えていく」

 

そしてまた、あなたが訪問者さんに「わかりやすい」

と思ってもらえれば、それが「差別化」につながり、

 

他のライバルたちの存在を忘れさせることにも

つながります。

 

もう今の時代は、どんな会社でも、個人事業でも、

インターネットを使わないで生き残ることはできない

というくらい、

 

みんなはネット上から情報を得て、

それ(スマホで得られる)以外の情報はほとんど見ない・聞かない

という状態になってきています。

 

だから、「いやあ、パソコンは得意じゃなくて・・・」

なんてことは言ってられなくて、

 

僕も実際、「アップルミュージック」に加入してからは、

そこに登録されているアーティスト以外の音楽は

全く聞かなくなりました。

 

それ以外は忘れていきます。

 

ですので、今のうちに出来るだけ早く、

あなたのビジネスを、ネット上で、効果的に、

しかも、「わかりやすく」アピールしないと、

廃業することになりかねません。

 

そして、この効果的な方法を学べるのが、この

ストーリーブランド戦略」です。

 

この本を買っても、実践する人は何%かでしょう。

出来るだけ早いうちに、この本の内容を学び、

ネット上で、小さくても、「自分のビジネス」というものを

持ちましょう。

 

そして、ライバルがもたもたしているうちに、

「わかりやすい」あなたが、

「ストーリー」を語り、

顧客たちを囲い込んでいきましょう。

 

☆「ストーリーブランド戦略」まとめ

まあ、ここまで十分すぎるほど

説明してので、まとめる必要もないかもしれませんが、

 

◎最高よりも「わかりやすい」商品・サービスを目指せ!

お客さんが求めているのは、

その商品やサービスが、自分の「ストーリー」で

どんな役割をしてくれるのか?ということです。

 

それを出来るだけシンプルにアピールしましょう!

 

◎あなたに興味を持ってもらおう!

そして、あなたがどのような思いで、

その商品やサービスを作り、

どんな人にどうなってほしい、と思い、

そのことについてどんな「導き手」になれるかを

分かりやすくアピールしましょう!

 

◎みんなから忘れられないようにしよう!

そして、今の時代は、インターネットで

手に入る情報以外は、ほとんど見ないという時代です。

 

その中で、まずは興味を持ってもらい、

次に、あなたの「思い」を伝えるツールを整備し、

色々な形で、繰り返し、アピールしていきましょう。

 

その時に、「うっとうしい」と思われないように、

相手に価値を与えられるように、明るい未来が

想像できるように、していきましょう!

 

↓クリックして、早速その詳しい内容を確認する!


「ストーリー・ブランド・フレームワーク」とは?

 

☆「ストーリーブランド戦略」目次

Introduction
7つのフレームワークで、伝え方、売り方を変える

第1部
マーケティング費用がかさむ理由

Chapter 1
伝えるための原則
見て、聞いて、理解してもらうために大切なこと

Chapter 2
物語の7つの要素
事業を成長させる秘密兵器

フレームワークの概要
ストーリーブランどのフレームワークの7つの要素と基本原則

第2部
ストーリーブランドの構築

Chapter 4
主人公
消費者が求めているものを明確にして簡潔に伝える

Chapter 5
問題の特定
商品やサービスに対する関心をさらに高めるには?

Chapter 6
導き手の登場
企業は、自らを主人公ではなく導き手として位置付けなければならない

Chapter 7
計画の提示
消費者の不安を取り除く踏み石を置く

Chapter 8
行動喚起
「今すぐ行動」ボタンの侮れない力

Chapter 9
回避したい失敗
失うものが何かをはっきりさせる

Chapter 10
成功する結末
「人はどこかに連れて行って欲しいと望む」

Chapter 11
自分を変える商品
「違う誰かになりたい」という欲求こそ、消費者が購入に至る最大の動機である

第3部
ストーリーブランド
ブランドスクリプトの実践

Chapter 12
ウェブサイトの改良
商品が必要である理由を消費者に理解してもらう

Chapter 13
従業員の意欲を高める
ストーリーブランドを活用して企業文化を変える

第4部
導入ガイド

Check List
ストーリーブランド
マーケティングロードマップ
事業を成長させる5つの(そして、ほぼ無料)の取り組み
ロードマップ5つの課題を段階的に実行する

課題その1:会社の一言紹介文を作る

課題その2:見込み客のを獲得する手段を作り、メールアドレスを集める

課題その3:自動メール配信キャンペーンを用意する

課題その4:変化の物語を集めて、見込み客に伝える

課題その5:紹介される仕組みを作る

Afterword
最高の導き手のために… 優れた物語の結末は、善良な人々が勝利すると決まっている

 

↓クリックして、早速その詳しい内容を確認する!


「ストーリー・ブランド・フレームワーク」とは?

■このサイトでは僕が実際に買って、試して、
結果が出せた教材を掲載し、
ネットビジネスで確実に稼いでいける方法を解説しています。



⇒僕が初心者の方に『アダルトアフィリエイト』をお勧めする理由とは?


⇒「ダイレクト出版」超おススメ本ランキング!

⇒僕が情報商材をおススメしないこんな理由

⇒トモヒト一押し教材一覧はこちら


☆お気軽にお問い合わせください!

ネットビジネス(特にアフィリエイト関連)で
聞きたいことがあれば、お気軽にメールで質問してください。

できるだけお答えします!↓

トモヒトに対するお問い合わせ、質問などはコチラ