ダン・ケネディ「一生お客に困らない常連システムの作り方」ダイレクト出版 レビュー 評判


☆ダン・ケネディ「一生お客に困らない常連システムの作り方」ダイレクト出版 レビュー 評判

こんにちは!トモヒトです!

今回はダイレクト出版の本であり、「世界一の億万長者メイカー」

と言われた「ダン・ケネディ」の

「一生お客に困らない常連システムの作り方」をご紹介したいと思います。

 

「ダン・ケネディ」と言えば、最近亡くなったということで、

マーケティング業界では大きな話題になっていますが、

 

その妥協のない、マーケティングやセールスに対する哲学が

存分に発揮されている内容になっていると思います。

 

☆「一生お客に困らない常連システムの作り方」を手に入れるべき人とは?

   

 

この本を必ず手に入れるべき人とは、

 

◎会社を経営していて、安定した売り上げを上げたい人

◎効率的な顧客管理をどうすればいいのか知りたい人

◎セールスをするうえで、顧客とどのような関係を築けばいいのか知りたい人

◎「この人から買いたい」と思わせるにはどうすればいいか知りたい人

◎自分のメルマガ読者さんにどのようなメールを配信すればいいか知りたい人

◎頑張って新規顧客を集めることに疲れた人

・・・

という方には特におすすめですし、

まあ、「ビジネス」をしている人全般的に非常に参考になる

内容と言っていいと思います。

 

どうしても、「売り上げを増やしたい」と思うと、

 

「新規顧客」を集めなければ!と思って、そのために予算を

割きがちですが、その前にもっと取り組むべきことがあります。

 

今すでにビジネスをしていて、もっと収入を増やしたい、

顧客との良好な関係を築いていきたいと感じるならば、

必ず読んで、学ぶことがたくさんあると思います。

 

☆「一生お客に困らない常連システムの作り方」をおススメする理由

さて、今回この「一生お客に困らない常連システムの作り方」を

おススメしたい!と感じたのは、

 

非常に分かりやすく、

「顧客を失うことの大損失」と、

「新規顧客を集めることに奔走するよりも、

すでに顧客になっている方を大切に」

ということの利点が解説されているからです。

 

本の中で詳しく実例を挙げて解説されているので、細かい数字は

省略しますが、

 

優良顧客は、新規顧客に比べて、214%以上のお金を

使ってくれて、さらに新たな紹介客も連れてきてくれる。

 

つまり、単純な例を書くと、

毎月新規顧客を集めるために広告などに投資

している金額を集められた新規顧客の数で割ると、

新規顧客一人当たりを集めるための予算が計算できます。

 

例えば、それを一人当たり1万円だとして、

 

買ってくれた商品(の利益)が2万円だとすると、

儲けは、1万円。

 

しかし、優良顧客であれば、214%だから、4万円以上

の利益が出る。

しかも、購入が何度目かであれば、最初の広告費はペイ

されている計算だから、

4万円以上が丸々もうけになる。

 

ところが、ここで顧客を失うと、その顧客をもう一度

呼び戻すためには、新規顧客と同じくらいの予算の

キャンペーンを打たなければいけなくなるという。

 

つまり、優良顧客をキープしていれば、

4万円以上の儲けを出せたところが、

一度心が離れてしまうと、逆にさらに1万円の予算を

使うことになる。

 

5万円の差が出てきてしまう。

 

そして、せっかく一度買ってくれたお客さんを、

「数字」とだけ見てしまっていては、良好な関係を継続できない。

 

多くの社長や、ビジネスマンがやらない、

「人と人とのつながり」というところを重視することで、

 

優良顧客を手放さないどころか、熱心に新しいお客さんを

連れてきてくれる「友人」として付き合っていくことができる。

 

特にネットビジネスをしていると、こういう視点を忘れがちになるけど、

この本を読んで、改めて、

「人と人とのつながり」が「感謝」を生み、

またそこから、「喜んでお金を払う」というサイクルが

出来上がっていくということ、

 

「ビジネス」ライクに考えるんじゃなくて、

「自分の能力を生かして、誰かを助けたい」という

気持ちが大切だということが、すごく実感できた内容だったので、

 

ぜひ、全てのビジネスを運営している人にお勧めしたい!

感じたんです。

 

☆「一生お客に困らない常連システムの作り方」概要

著者:ダン・ケネディ ショーン・バック

ページ数:251ページ

発行:ダイレクト出版

ジャンル:顧客管理・マーケティング・セールス・経営術

向いている人:社長、マーケター、セールスマン・アフィリエイター

 

この本は、基本的には、すでにビジネスを運営している、

社長や個人事業主向けという感じで、

 

顧客を失うこと、関係性が切れることでどれだけの損失が

出てしまうのか、

次々に新規顧客を獲得することに投資するよりも、

すでに顧客になってくれている人たちに投資する方が

どれだけ有益なのか。

 

すでに居る顧客、またはこれから集める新規顧客に対して、

どのような接し方で、どのような関係性を気づくことで、

末永くお金を出してくれて、

さらには、熱心にあなたのビジネスを他の人におすすめして、

自動的に新規顧客が増えるシステムを作っていけるか

 

ということを順序を追って解説してくれています。

 

確かに、ビジネスをしていて、さらに収入を増やそうとすると、

新しい顧客を獲得しないと!とそちらの方ばかりにお金を投資して、

 

今まで商品を買ってくれたお客さんには、

「釣った魚にエサはあげない」状態で、

新商品のお知らせ、セールのお知らせだけを送るような

関係性になりがちです。

 

しかし、「すでに買ってくれた」お客さんこそ、これからも

末永く関係性を築き上げていける相手であって、

 

「顧客を幸せにする顧客サービス」

を常に心がけるべきだということに気づかされます。

 

そのためには、「数字のために」ではなくて、本当に

お客さんが何を求めていて、それを満足してもらうには、

どうすればいいか?という、

 

言葉で読んだら、当たり前のことなのに、自分の

ビジネスで振り返ってみると、全く忘れがちなことを、

改めて思い出させてくれて、

 

「ビジネス」はマネーゲームではなくて、

「人と人の助け合い」ということを意識することで、

 

売る側も買う側も幸せな関係性を築いていける。

 

そうなってくると、頑張らなくても自然とビジネスが

成長していくということ。

 

その基本を思い出させてくれる内容でした!!

☆「一生お客に困らない常連システムの作り方」レビュー

 

 

この本は、最初のうちは、「数字の計算」が出てきて、

ちょっととっつきにくい内容なのか?

と思いましたが、最初の

「顧客を失うことで生じる損失」を説明する以外は、

難しい計算などは出てこなくて、

 

とにかく、数字を追いかけるばかりじゃなくて、

最初から最後まで、

「顧客と人同士の関係性を築いていこう!」

ということが一貫して書かれていて、

 

やはり、「ネット」でのビジネスが主流になっている

今だからこそ、今まで以上に、人間同士のつながりが大切で、

実は求められていて、

 

「ビジネス!」と言うよりも、

 

人同士の助け合いの中で、お互いに満足できる関係性を

築いていく、

 

人は、実は「信頼したい」という気持ちがあって、

ビジネス相手が「血の通った人なんだ」と感じることで

 

信頼することができるようになり、

「何かを買うなら、この人から」と思ってもらえるようになる。

 

そして、そういう信頼を得ることができれば、

そのお客さんの知り合いで、「良いサービス」を探している人が居れば、

迷いなく、おススメしてくれるというような

付き合いができる。

 

そのためには、やはり自分はもちろん、

従業員を雇っているなら、全ての人に、徹底して、

「顧客が幸せになる顧客サービス」を浸透させておく必要がある。

 

結局は、「仕事術」「ビジネステクニック」「データ」など

が重視される世の中であっても、

基本は、「人と人とのつながり」であって、

 

そこをおろそかにしているビジネスは一時的に

売り上げが上がっても、長続きはしない。

 

逆に言うと、難しい数字の計算や、マーケティングテクニック

よりも、重視するべきは、

「どうやったら相手が喜んでくれるのか?」

 

という、家族やカップル、友人間で行われているような

「心配り」を基準に、ビジネスをしていけば、自然と

業績は伸びる、そういう気がしますね。

 

もちろん、数字の知識や経営術、ライティング能力なども

必要な場面もあるでしょうけど、

「この人は何か信用できる」と感じてもらうのが結局は

一番な気がしますね。

 

以前知り合いから、ある会社で一番のセールスマンという方を

紹介してもらいましたが、とても話し上手ではないし、

ルックスが整っているわけでもない。

どちらかと言うと、自信がなさそうで、人見知りな感じ。

 

この人がトップセールスマン!?と思ったんですが、

 

でも、話していると、一生懸命説明してくれるし、

その人がとても嘘を言うようには見えない。

 

だから、みんな「この人が裏切るわけがない」と感じて、

その人から買うんだろうなと感じたことがあります。

 

この本では、さらに、具体的に「顧客」を「熱心な優良顧客」に

レベルアップさせていくまでの方法が書かれていて、

これは、きっとすべての人間関係にもそのまま活用できるんじゃ

ないかと思いますね。

 

☆お互いに感謝しながら安定したビジネスを構築する方法はコチラ⇒

 

☆「一生お客に困らない常連システムの作り方」で学べる事

この本は先ほどから書いているように、

 

「いかに顧客を維持することが大切か」

「顧客をどのようにレベルアップしていけるか?」

「自然と新規顧客が集まるビジネスを築く方法」

などが学べますが、個人的にすごく参考になったのが、

 

■新規顧客に投資するより優良顧客を育てる

これも先ほどから何度も書いていますが、

やはり、ビジネスを立ち上げた当初は仕方ないにしても、

あるていど顧客が出来た時点、

ネットビジネスであれば、メルマガ読者さんなどが増えた

時点で、いかにその既存のお客さんを維持して、

 

さらに、「この人なら信頼できる」

「この人以外からは買わないでおこう」と思ってもらえるか

ということがいかに大事な事かということを

分かりやすく理解させてくれる本です。

 

■顧客の育て方から紹介されるまで

そして、ビジネスとしての付き合いだけじゃなく、

まるで、普段から懇意にしているような関係性を築いていくことで、

 

普段から、自分のことを考えてもらう時間を持ってもらい、

「購入先」から「知り合い」⇒「友人」というように、

 

「この人のおススメなら買いでしょう」という関係性を築いていく

具体的なステップが丁寧に書かれているので、

実践しやすく、どんなビジネスにも応用しやすいと思います。

 

僕も実際にメルマガなどに取り入れ始めましたが、

反応が良くなった気がします。

 

そして、そういう姿勢、

「お客さんと経験を共有していく」という関係を築くことが

出来れば、自然と口コミも広がっていくでしょうね。

 

最近は特にSNSや動画投稿なども盛んなので、

その中で紹介してもらえれば、一気に「バズる」可能性も

あるでしょう。

 

■顧客をスターにして紹介してもらう方法!

そして、これはこの本だけじゃなくて、

最近のマーケティングの本には結構書かれていることでも

あるけど、やはり「世界一の億万長者メイカー」の

ダン・ケネディが言うと重みが違いますねww

 

やはり、セールスの場面では、どうしても業績を上げる

社長や、社員が「スター」のようになって、調子に乗って

しまいがちですが、

 

やはり、あくまで「商売」をするうえで、主役はお客さんであり、

そのお客さんをレベルアップして、

 

「自分がこの会社に貢献している」という気持ちを

持って、誇りを持ってもらえれば、

 

そのお客さんが、やり手のセールスマンのように

「優良な新規顧客」を連れてきてくれるでしょう。

 

■見込み客自動変換システム

この手法を使えば、自分から営業をかけなくても、

見込み客が、自分からコンタクトを取ってくれるようになる。

1、紹介カード

2、価値のある目的、

3、紹介用ニュースレター

 

これらを活用すれば、自動的に見込み客が集まる

システムを構築できるようになる。

 

誰かに新しい顧客を紹介してもらう時に、出来るだけ簡単に

手間をかけさせないように、また、人間の「人を助けたい」

「誰かの役に立ちたい」という心理を突くことで、

 

勝手にコンタクトを取ってくれるようになっていく。

 

☆無限の連鎖のシステムを作り上げる方法はコチラ⇒

 

☆「一生お客に困らない常連システムの作り方」ネットビジネスでの生かし方

さて、この「一生お客に困らない常連システムの作り方」を

アフィリエイトなどのネットビジネスで生かすとしたら、

 

なかなかアフィリエイトでは「顧客」という考え方が無い

というか、例えば「特典付き」の情報商材アフィリエイト

などであれば、問い合わせから、メルアド(リスト)をゲットできますが、

 

例えばブログアフィリエイトなどだと、購入者のメルアドを

入手するのは難しいので、

 

まずは、あなたが運営するサイトのテーマで、みんなが

知りたいであろう情報、入手したいものなどを、プレゼント

として用意して、メルマガ読者を集めて、そこへ毎回

そのジャンルであなたが得た情報を定期的に配信して、

 

・読者さんのお金を節約させる情報

・読者さんの時間を節約させる方法

・読者さんの知識欲を刺激する情報

・読者さんが人に話したくなるような情報

 

などを配信しつつ、あなたのサイトへのリンクを

張ってくれた人にプレゼントなど、

 

ブログへのアクセスを増やすことを考えていけば、「紹介システム」に

近い状態に持っていけるんじゃないかと思います。

 

☆「一生お客に困らない常連システムの作り方」 まとめ

さて、この「一生お客に困らない常連システムの作り方」のまとめ

ですが、

 

◎経営者、事業者は「新規顧客獲得」よりも、

「既存の顧客」の維持、レベルアップに投資するべきである!

 

◎「顧客が幸せになる顧客サービス」を心がけて、

顧客と、「人と人とのつながり」を構築していくべし!

 

◎「関心の共有」「空間の共有」「配慮の共有」

そして、「経験の共有」で、顧客を「優良顧客」にしていこう!

 

◎「顧客のレベルアップ」することで、熱心な

セールスマン(紹介者)になってもらおう!

 

◎顧客やクライアントに「紹介したくなる」システムを

作り上げて、新規顧客の獲得を「自動化」しよう!

 

この本は、すでに会社を経営していたり、メルマガ読者を

持っている方には、是非取り入れてもらいたいし、

 

これからビジネスを展開する方も、先に知っておけば、

後になって、「ああ、もっと早く知っていれば!」と

思わずに済むと思いますw

 

☆「一生お客に困らない常連システムの作り方」のもっと詳しい情報を見に行く⇒

■このサイトでは僕が実際に買って、試して、
結果が出せた教材を掲載し、
ネットビジネスで確実に稼いでいける方法を解説しています。



⇒僕が初心者の方に『アダルトアフィリエイト』をお勧めする理由とは?


⇒「ダイレクト出版」超おススメ本ランキング!

⇒僕が情報商材をおススメしないこんな理由

⇒トモヒト一押し教材一覧はこちら


☆お気軽にお問い合わせください!

ネットビジネス(特にアフィリエイト関連)で
聞きたいことがあれば、お気軽にメールで質問してください。

できるだけお答えします!↓

トモヒトに対するお問い合わせ、質問などはコチラ